ほくろ除去の一般的な手術として挙げられるのが、炭酸ガスレーザーを使用しての除去方法があります。
今では多くのほくろ除去施術がありますが、これが最も確実性の高い施術であり、安全性も確立しています。

 

炭酸ガスレーザーでのほくろ除去では、施術中の痛みもほとんど無いことがメリットの一つです。
対象となるほくろ周辺に麻酔を施し、炭酸ガスレーザーを使用して悩みのほくろを徐々に改善させていきます。
ほくろ除去の所用時間については炭酸ガスレーザーの利用で、5分〜10分程度ですので手術は非常に短時間です。
とっても気軽に受けることが可能になっている施術ですので、是非一度カウンセリングで相談をしてみると良いかもしれませんね。





脱毛 岡山ならクリック
URL:http://datumou-chihou.com/okayama/
脱毛 岡山の紹介


気になるホクロ除去のために皮膚の手術ブログ:2018/4/08

通常28日が理想とされる生理周期の中で、
減量に適した時期があるんですよね。

まず、生理初日を一日目として
最初の一週間が「生理期」となります。

この時期は、
新陳代謝も衰え血行も悪く、体の調子もすぐれず、
むくみが出やすく、体重が増加しやすい時期。

痩せにくい時期でもありますので、
過激な減量は禁物。

いくらがんばっても効果を望めないばかりか、
かえってトラブルになる可能性もあります。

なので、体を温め、
炭水化物や脂質が不足しないように
注意することが大切です。

次に、生理期が終わると「卵胞期」を迎えます。
生理初日から数えて一週間〜12日前後です。

この時期は、
卵胞ホルモンの分泌が活発になるため、
体の調子も安定し、女性にとって一番生き生きと輝く時期です。

痩せやすいので、
減量を始めるのにも最適です。

そして、卵胞期が終わると、今度は「排卵前後期」となります。
生理初日から10〜18日前後で、
この時期も心身ともに安定し、減量に適しています。

効率的に痩せることができますので、
食べる事内容に気をつけながら、積極的に体を動かしましょう。

ただし、排卵日におりものが増えたり、
体の調子を崩す人もいますので注意が必要です。

排卵前後期が終わると、
次の生理までの間が「黄体期」と「生理前期」となります。

この時期は、黄体ホルモンの影響で、
体の調子も悪く、イライラしがち。
精神的にもかなり不安定でデリケートになります。

痩せにくく食べたものが脂肪になりやすい時期なので、
無理な減量はせず、
栄養のバランスを考えた食べる事をし、
ゆっくりとお風呂に入ったりしてリラックスを心がけましょう。